スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
おもてなし
海外在住の義妹が、帰国する用事ができたので我が家にも立ち寄ってくれることに。
義妹大好きのぽよ、一ヶ月も前から「にじゅうくにちは(義妹)さん」と唱えるほど大喜び。
ぽよ手作りのハンバーグ、きゅうりの塩もみを振舞うんだと大張り切り。
しかもこの日、ぽよの保育園で絵画展があって、それにも義妹が付き合ってくれるとのこと。

さて、当日。
朝から「(義妹)さん」の一声でぽよ、お目目パッチリ。
朝食を済ませたら、プリキュアのエプロンを身に着けていざお料理開始。
まずはぽよお得意のきゅうりの塩もみ。
スライサーを使うときだけぱぱに補助してもらえば、これはぽよが一人で作れる上に、きゅうりを砕かない絶妙の力加減でもめるぽよにしか作れない絶品料理。

その間に、さくらはハンバーグのタネを作成。
玉ねぎ、にんじん、しいたけ、ブロッコリーの茎をきざんで、フライパンでひたすら炒める。
あら熱がとれたら、ボウルに肉と野菜、パン粉、卵、牛乳を放り込んでぽよにパス。
タネをこねるのは(量も多いし)、力がいるので、ぱぱに手伝ってもらいながら、こねこねしてキャッチボールをはじめるぽよ。もちろん、中央をへこませる(というよりぐりぐりと指で穴をあける)のも忘れない。
その間にさくら、野菜を炒め、デミグラスソースと水を加えてシチュー風に。焼いたハンバーグを放り込んで煮込み、ハンバーグシチューの出来上がり。

あとは、シンデレラのスープ(ただのかぼちゃのポタージュ)。炒めてスープで煮込んだかぼちゃと玉ねぎをミキサーに放り込み、ぽよがボタンをポチっとな。

ぽよ、エプロン姿のままで義妹(とついでにさくら両親)をお出迎え。
でも義妹に会えて嬉しすぎるぽよ、はづかしくてはづかしくて、さくらに抱きつきっぱなし。

絵画展を見に行って、ぽよご自慢のランチを食べてもらって(おいしいといってもらえてぽよ、大満足)、お買い物ごっこで遊んでもらって、ぽよ、大はしゃぎ。

いよいよお別れ、となると、あまりの名残惜しさに、怒ってすね始めるぽよ。
さくらにしがみついたまま、ばいばいもできない有様。
それでも、義妹の姿が見えなくなるまでお見送り。途中、義妹が振り返って気づいてくれて、そのときにはようやく手を振れたぽよ。

おうちに帰ってきて、「(義妹)しゃーん」と泣きモード。
「(義妹)しゃんに、ハンカチ見て欲しかった…」(見てもらいました)
「(義妹)しゃんに、これ(母がもってきたみかん)食べて欲しかった…」(あんたのランチ全部食べてもらったでしょうが)

もう好きすぎちゃって困るのね。
スポンサーサイト
【2009/11/30 10:38 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<おかあさんごっこ | ホーム | 一ヶ月早いサンタ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayles.blog8.fc2.com/tb.php/515-780f47b0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。