FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
きゅうりの塩もみ
普段、さくらは仕事帰り、駅から徒歩で帰宅→夕食準備→お迎えのコース。というのも、保育園帰りのぽよはさくらにべーーーったり、わがままモードスイッチオンになるので、ぽよをつれて帰ってからだとご飯作れないから。

けど先日、仕事が長引きそうだったので、チャリを駅に待機→駅からチャリで直接お迎え→帰宅としたときのこと。ぽよ的にはいつもよりお迎えが早くて上機嫌だったらしい。

夕食の付け合せにきゅうりの塩もみを作ろうとしていたら、それを見たぽよ。

「ぽよが作ったる! お手伝いエプロン!」

そして、さっそうとお手伝いエプロン(プリキュアのやつです)を装着。ひもは前に回して、自分で結ぶ。
そして、きゅうりとスライサーを手に。
もちろん、スライサーを一人で使わせるわけにもいかないので、きゅうりはさくらとぽよで持って、スライス。

残りが短くなってきたからもうやめるねー、と言うと。「なんで?」
刃を指して、「ここが包丁なんだよ」と言うと「いいーっ!?」

小さなざるにきゅうりを入れ、塩を振ると、さっそくもみ始めるぽよ。
スライスしたきゅうりが割れないゴッドハンド(笑)を披露。
しんなりしたら、水で洗い流して、「次はしぼるねんでー」と得意顔。

皿にわけていると、「あとみーんなぽよのがいい」と分け前を多めに要求。

で、いざいただきます。

「これなー、ぽよが作ったからめーーっちゃおいしいねんでー。また作ったるなー。今日みたいな時間のお迎えの時なー。いつもの時間やったら無理やけどなー」

得意満面で延々しゃべるしゃべる。
そのきゅうりはおじいちゃんのきゅうりだから、おじいちゃん、聞いたら喜ぶよ。
スポンサーサイト
【2009/06/27 10:36 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<お誕生日会 | ホーム | プリキュア狂い>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayles.blog8.fc2.com/tb.php/499-027d224c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。