FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
出産レポートvol.8
産まれてから後の処置の順序はよく覚えていなくて。
お腹の上に乗せてもらって、ご対面。
バスタオルに包んでもらってパパ抱っこ。
そして、計測兼パパ独占撮影会(だから鮮血に濡れて暴れまくるぽよの写真があったり)。
こんなことをしている間、私の方は後産+縫合。
お腹をべこべこ押されて中のものが出て行く様はちょっと言葉にしにくいかも。

そして、実は、最初にぽよを見た時、「ぶっさいく……」とか思ってしまった(汗)←ひどい親。
だって、目はぱっちり開いてたにも関わらず、ほっそくて一重だし。頭が尖って(←ぽよが頑張って出て来た証拠です!)おでこもしわしわでなんだか年寄りみたいだし。
すっごく心配したんだけど、後から写真を見てみると可愛いんだから不思議。

さて、処置も一通り終わって念願のカンガルーケア。
お腹(というか胸)の上にぽよを乗せてもらう。さっきまでお腹の中にいたはずなのに、ずっしりと重たかった。
ぽよはさっそくおっぱいを探していたらしく、私の胸をぺろぺろぺたぺた。ぜんっぜん見当違いのところをぺろぺろやってたけど、そのうちに乳首の方へ……と思いきや、行き過ぎる(笑)
結局、少し後で助産師さんに吸わせてもらうまで、自力ではありつけず。
でもいざ食いつくと、思いがけない強さでちゅっぱちゅっぱ。
助産師さんが言うには、赤ちゃんは出産の疲れで、2時間後には眠ってしまうらしい。だから、初乳はこのタイミングでしか飲ませてあげられないのだそうな。

そうして、カンガルーケアの時間も過ぎ、ぽよは新生児室へと連れて行かれてしまった。
時間を見れば、6時前。思わず「もう夜が明けるんですね」と言えば、助産師さんが窓を開けてくれた。まだ日は昇っていないようだったけど、空はすっかり白んでいた。

ああ、終わったんだな、とその時感じた。
陣痛の来ない苦しさを知っていたから、二晩の陣痛に耐えられたと思う。
側に誰かがついてくれることの心強さを知ったから、今も笑っていられるんだと思う。
元気に産まれて来てくれた娘に誇りを。支えてくれた人たちに感謝を。

寒い日が続いていた当地ではこの日、急に気温が上がって桜の花が一斉に開いた。


―――
以上で出産レポート終わりです。長々と付き合って下さった皆様、本当にありがとうございました(照)
今、このブログでぽよの成長を見守って下さる皆様にも、心からの感謝を。
sinseiji.jpg

スポンサーサイト
【2005/09/07 20:17 】
| 出産レポート | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<あせも | ホーム | 離乳食デビュー>>
コメント
本当無事生まれてくれて
ぽよちゃんにも感謝だね。
私もたまにほのに「ありがとうね」って
言っちゃいます。
生まれたてのぽよちゃんかわいいね。
大きくなったね!!

最初にほのを抱っこしたとき
私も「重い!」って
思っちゃいました。
【2005/09/09 00:45】
| URL | ほのママ #-[ 編集] |
本当に、無事に産まれてくれたことには感謝しないといけませんよね。
そう、今から見ると可愛いんですよね←親バカ。ぶっさいくとか思った自分が恥ずかしいです。
この右手を口元に持って行くポーズ、大好きなのです。

生まれたての赤ちゃんの重さって、命の重さなんでしょうね、きっと。
【2005/09/09 21:40】
| URL | さくら #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayles.blog8.fc2.com/tb.php/157-a37923c2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。