スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ある一日
ぽよ大明神には、いつも身の回りのお世話をするおつきが2人おりました。
1人はさくらといって、ふだん、ほとんどのお世話をしています。中でもおっぱいを供えるのはさくらの一番大切な仕事でした。

ある朝、なぜかぽよ大明神が欲しいと言わないうちから、さくらがおっぱいをくれました。ちょっと不思議だったのですが、お腹が満たされるのは幸せなことです。もらえるものはもらっておくことにしました。
それが終われば、もう1人のおつき、ぱぱが遊んでくれます。ぱぱがぽよ大明神のお世話をすることはさほど多くはないのですが、遊びやお風呂はさくらよりも上手なので、ぽよ大明神は喜んで遊んでもらうことにし、そして気持ちよく眠りにつかれました。

ぐっすりと2時間程眠り、ぽよ大明神はお目覚めになりました。お腹もほどよくすいています。そんなぽよ大明神に、パパは水浴びを勧めてきました。
おっぱいが欲しい気分だったらぽよ大明神ですが、身を清めることは大切です。パパの勧めに従い、機嫌良く沐浴を済ませました。

なのに、ぽよ大明神は見てしまいました。何とぱぱが「哺乳瓶」を手にしているのです。これは、古いおっぱいを飲ませる道具だということをぽよ大明神はご存知でした。常々「あたちは直じゃないとイヤなのよ!」と仰っているぽよ大明神に対して何たる無礼でしょう!
ぽよ大明神はお怒りを爆発させました。ぱぱはなんとかなだめようとしましたが、新しいおっぱいを持ってくることはなく、しつこく哺乳瓶を勧めてきます。
さらに大音声でお怒りを表すぽよ大明神も、さすがにお疲れになって、再びお眠りになってしまいました。

その間にもぱぱは、ぽよ大明神が眠ったすきを狙って哺乳瓶を口に当ててきましたが、そんなコスい考え、ぽよ大明神はとっくにお見通しです。ぺっと吐き出してやりました。

再びお目覚めになったぽよ大明神に、今度はぱぱは果汁を持ってきました。それもぽよ大明神がお好きなぶどうの果汁です。
やっぱりお腹の減ってきたぽよ大明神は、それを飲むことにしました。すきっぱらにぶどうの風味がほどよくしみて機嫌が直ってきた頃、何と今度はぱぱは、古いおっぱいをスプーンでお供えしようとしてきたのです! なんと懲りないパパでしょう!
再びぽよ大明神はお怒りを露わになさいました。
けれど、怒るのも疲れるのです。大きなお声を出すのもだんだん辛くなってきました。

そんなぽよ大明神を、ぱぱは車に乗せました。
もう、ぽよ大明神はお怒りになるのも疲れてどうでも良い気分になっていたのです。
しばらく走ると、さくらが乗ってきました。さくらは、ぽよ大明神が無表情なのにおそれおののき、お手を握りしめてきました。ぽよ大明神は仕方なく少し笑顔を恵んでやりました。

それから再び家へと向かって車は走り、ようやく新しいおっぱいが供えられました。
ぽよ大明神はそれをこくこくと飲みます。ちょっと飲み過ぎて後で口からあふれてしまいましたが、それは仕方のないこと。だって7時間も我慢していたのですから。

さて、お腹がいっぱいになったぽよ大明神、すっかり元気が戻りました。
そしてはたと思い出したのです。本当なら愉快に過ごすはずの午前中を、怒りと眠りで過ごしてしまいました。この責任はすべてさくらにとってもらわなければなりません。
ぽよ大明神は、抱っこ、お歌、遊びと次々にさくらにせがみました。

そうしてさくらがへとへとになる頃、ぽよ大明神の気持ちも満たされました。
再びおっぱいを供えてもらい、満足の眠りにつきます。
すやすやと眠るぽよ大明神の耳に、こんな声が聞こえてきました。

「ぽよって頑固だよね?」
「うん、そうだね」
「誰に似たのかなぁ?」
「誰に似たんだろうね」
「……それ、どういう意味?」
「俺じゃないよって、こと」

しちゅれいね、あんたたちの子よ!
むにゃむにゃとつぶやきながら、ぽよ大明神は眠り続けたのでした。

おしまい。
スポンサーサイト
【2005/07/25 13:04 】
| コドモの話 | コメント(5) | トラックバック(0) |
<<これって仕返し? | ホーム | パパフィーバー>>
コメント
ぽよちゃんの心境を語ってて、笑っちゃいました!(ゴメンナサイ…)でも1日の流れをこういうお話にするとものすごく楽しく読めますね☆
【2005/07/27 15:13】
| URL | ミナママ #-[ 編集] |
まさにぽよちゃんの目線でのお話で微笑ましい!!
パパさんの根気にも脱帽モノです(・∀・)
まだ喋らないベビを眺め
【何考えてんのかなぁ…】なんていつも思ってるけど
こーゆう風に1日をストーリーにしてみると
ベビの気持ちが掴めそうです♪

【2005/07/27 23:53】
| URL | はいろ #-[ 編集] |
笑っちゃいました!!
ぽよちゃんおもしろ~い(笑)
いやむしろさくらさんナイス文章力。
パパさんがんばっててえらいですねー
【2005/07/28 00:12】
| URL | ハルママ #-[ 編集] |
楽しいお話でした(^o^)
この光景が 頭にうかんできましたよ~。
ぽよちゃんは哺乳瓶好きじゃないんだね。
うちと逆だよ~(>_<)
机においてあった哺乳瓶見つけて
ちょうだい~ってだだこねてました。
ミルクの方がすきなんです。こまったもんです。
【2005/07/28 20:23】
| URL | ほのママ #-[ 編集] |
>ミナママさま

笑っていただけて光栄です!
きっとぽよにもパパにも笑い事じゃあなかったんでしょうが……(苦笑)

>はいろさま

むにゃむにゃしゃべるのに勝手に台詞を入れて遊べるのも今だけです(笑)
本当はぜんっぜん違うこと考えてるのかもしれませんが、勝手に書いてみると結構楽しいですよ♪

>ハルママさま

笑ってくれてありがとうございます♪
本当、パパの頑張りに感謝、それを上回るぽよの頑張り(?)には感服、です。

>ほのママさま

ぽよは生まれた時から哺乳瓶嫌いです……。産院でも糖液は飲まず、ミルクは慣れればこくこく飲むようになりました。
けど、退院後は完母なので、すっかり哺乳瓶イヤイヤです。機嫌のよい時はしゃぶるふりして舌で押し出します……。
おっぱいしか飲まないのも、ミルクの方が好きなのも、ママにとっては大変ですよね(苦笑)
【2005/07/28 21:27】
| URL | さくら #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayles.blog8.fc2.com/tb.php/113-9290abf6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。