スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
お世話心と対抗心と
笑太が家にやってきて早2週間、ぽよはすっかりお姉さんに。
笑太が泣けば、まずオムツチェック。
お知らせラインが変色してたら「おしっこ出てるでぇ」と言いながら、換えのオムツ、おしり拭き、簡易ウォシュレット、オムツかぶれの薬を持ってやってくる。

おむつ替えた後や、濡れてなくてないているときには、お腹なでなで。
もしくは、がらがらを握り締めて飛んでくる。

夕方には、「もう笑太のおへそした?」とおへそ消毒セットをさくらのところに持ってくる。

その一方で、やっぱり赤ちゃん返りっぽいのもあって、やたらさびしいを連発したり、ぐずぐず言うようになったり。
そして、笑太への対抗心もめらめら。

以前、夕方泣き止まない笑太に、さくらがミルクを作っていると
「ぽよはミルクのまなかったでぇ。おっぱいだけやったでぇ」

笑太のぱっちり二重まぶたを褒めれば
「ぽよの方が目ぇ大きいでぇ」
…残念ながら、目の大きさでは笑太でしょう。ぱっちり二重と奥二重の印象の違いは大きいもの。
でも、ぽよの赤ちゃんの時の写真を見てみたら、そっくり笑太と同じ顔!
寝顔の写真が多いから特にそっくりそのまま。

そうでなくとも、やっぱり赤ちゃんて似たような表情をするから、やっぱりそっくり。
きょうだいってこんなに似るのね…。
スポンサーサイト
【2010/06/13 23:15 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
育児相談
昨日は、産院にて退院後十日前後のアフターフォローの日。
笑太を抱え、行って来ました。

まずは体重測定。笑太の服を脱がせ、体重計へ。
それまで寝ていた笑太、起きて怒り始める。
授乳ついでに、母測(飲んでいる母乳の量の計測)もしてもらうことに。

授乳スペースに行くと、同じ日に産んだママさんたち大集合。
「また集合やねー」など、世間話に花を咲かせつつ、授乳。
いつもは、がっついたりむせて怒ったりする笑太、なぜか静かに淡々と飲み続ける。

そして、飲み終わったところで、再び体重測定。
あんまり飲んでないかな…と思いきや、笑太ときたら、70cc以上飲んでました。
助産師さんいわく、この時期は、一回60飲めていればOKだそうで…。
笑太くん、2割り増しです。しかも、普段はたぶんもっと飲んでます。回数だって多いです。ひどいときには、1時間後にまた飲んでます。

体重測定の結果も、当然というか、退院後+500gオーバー。
こちらも助産師さんいわく、この時期、1日あたり30g増えていればOKだそう。
笑太くん、日当47gです。こちらは5割り増しです。
「この子もよく増えてるねぇ」と助産師さんは半ば呆れ顔。
「うん、ミルク要らないから…。体調とか事情とかもあるし、飲ませるなとは言わないけど、母乳だけで足りてるから…」
だそうで。ミルク足さなくて良いのは本当に有難い。調乳のわずらわしさときたら、もう…な、怠惰な人間なので。

そして、気づかなかったけど、笑太、おむつかぶれができてました(涙)
普段、おむつ替えるとき、いっつも怒って全身タコになっているので気づかなかったけれど…、確かに赤く腫れてます。
お薬もらって帰宅。いままで気づかなくてごめんね、笑太。

それはそうと、同じ時にきていた中に、とっても上品なママさんがいて、どうやら子どもは女の子。
「○○ちゃん、はだかんぼは嫌ですねぇ、困りますねぇ」なんて優しく声をかけながら服を脱がせたりと、とにかく丁寧に丁寧と接していらっしゃる。

わが身を振り返ってみれば、「はい笑太、服脱ぐよ、(体重計に)ごろんするよ、はい、ピタ! よーしおりこうさん」となんともがさつ。片手で赤子を抱くわ、荷物は足で蹴って移動させるわと、もう、お恥ずかしい限り。

子どもの方もお目目くりっとして、なんというか、上目遣いというか、「あたち、女の子よ!」な姫オーラ漂わせてて、ああ、女の子ってこんな小さいころから姫なんだなぁ、これが女の子か!と感動。

…したところで気づいた。うちにも女の子いたはずなんだけど!

…親の違いってやつですねぇ、きっと。蛙の子は蛙。
【2010/06/09 22:20 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おチビ改め…
生まれてきたら全然おちびじゃなかったので、おチビのHNを変更することにしました。
生まれたときからぱっちり二重、眉はアーチ型の彼は、何もしてなくても笑っているように見えるので…
このブログでは笑太にします。

syota.jpg

ほら、この通り!

本当に、いつでもにこにこしているように見えるので、お世話も楽。
目がぱっちり開いても、まだ焦点が定まっていないので、うす目を開けたときなんかは、観音像みたいな顔になります。

つい、「笑太は何しても可愛いねー」と言っていると、横からぽよが、

「ぽよは?」

と突っ込み。もちろん、ぽよも可愛いのだけど、「何しても」とはいかないのが、お姉さんの悲しいところ。
そんなぽよ、家ではなぜか笑太ではなく、さくらの世話をかいがいしくやいてくれます。
授乳してたらガーゼをもってきたり、他にもなんやかんやと…。

そして、やっぱり寂しいらしく、ぐずぐずさん。
そりゃそうだよね、ぱぱはずっとぽよについていてくれているとはいえ、ぽよが見るさくらは笑太と寝ているか、笑太におっぱいあげてるか、笑太を抱っこしているか、どれかだもん。

一度、笑太が機嫌よく眠っているときに、ぽよをおひざに乗せてみた。
ぽよは大喜びだったけれど…、ぽよの体重が産後の傷にずっしり(涙)
こんなに重たくなったんだ、と感慨深い反面、やっぱりぽよに寂しい思いをさせてしまう羽目に。
いっぱい甘えさせてやりたいんだけどなぁ。
【2010/06/01 13:01 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。