スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
おもてなし
海外在住の義妹が、帰国する用事ができたので我が家にも立ち寄ってくれることに。
義妹大好きのぽよ、一ヶ月も前から「にじゅうくにちは(義妹)さん」と唱えるほど大喜び。
ぽよ手作りのハンバーグ、きゅうりの塩もみを振舞うんだと大張り切り。
しかもこの日、ぽよの保育園で絵画展があって、それにも義妹が付き合ってくれるとのこと。

さて、当日。
朝から「(義妹)さん」の一声でぽよ、お目目パッチリ。
朝食を済ませたら、プリキュアのエプロンを身に着けていざお料理開始。
まずはぽよお得意のきゅうりの塩もみ。
スライサーを使うときだけぱぱに補助してもらえば、これはぽよが一人で作れる上に、きゅうりを砕かない絶妙の力加減でもめるぽよにしか作れない絶品料理。

その間に、さくらはハンバーグのタネを作成。
玉ねぎ、にんじん、しいたけ、ブロッコリーの茎をきざんで、フライパンでひたすら炒める。
あら熱がとれたら、ボウルに肉と野菜、パン粉、卵、牛乳を放り込んでぽよにパス。
タネをこねるのは(量も多いし)、力がいるので、ぱぱに手伝ってもらいながら、こねこねしてキャッチボールをはじめるぽよ。もちろん、中央をへこませる(というよりぐりぐりと指で穴をあける)のも忘れない。
その間にさくら、野菜を炒め、デミグラスソースと水を加えてシチュー風に。焼いたハンバーグを放り込んで煮込み、ハンバーグシチューの出来上がり。

あとは、シンデレラのスープ(ただのかぼちゃのポタージュ)。炒めてスープで煮込んだかぼちゃと玉ねぎをミキサーに放り込み、ぽよがボタンをポチっとな。

ぽよ、エプロン姿のままで義妹(とついでにさくら両親)をお出迎え。
でも義妹に会えて嬉しすぎるぽよ、はづかしくてはづかしくて、さくらに抱きつきっぱなし。

絵画展を見に行って、ぽよご自慢のランチを食べてもらって(おいしいといってもらえてぽよ、大満足)、お買い物ごっこで遊んでもらって、ぽよ、大はしゃぎ。

いよいよお別れ、となると、あまりの名残惜しさに、怒ってすね始めるぽよ。
さくらにしがみついたまま、ばいばいもできない有様。
それでも、義妹の姿が見えなくなるまでお見送り。途中、義妹が振り返って気づいてくれて、そのときにはようやく手を振れたぽよ。

おうちに帰ってきて、「(義妹)しゃーん」と泣きモード。
「(義妹)しゃんに、ハンカチ見て欲しかった…」(見てもらいました)
「(義妹)しゃんに、これ(母がもってきたみかん)食べて欲しかった…」(あんたのランチ全部食べてもらったでしょうが)

もう好きすぎちゃって困るのね。
スポンサーサイト
【2009/11/30 10:38 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一ヶ月早いサンタ
先日、寒かったのでブーツを出した。
それを見たぽよ、「コンコン(プリキュアが変身して着地する時の音)の靴やー」「キュアパッションの靴やー」と大喜び。で、「はいていい?」と。
「ちょっとだけよ」と少し貸したらなかなか返さない。

挙句の果てに。

「ぽよもブーツ欲しい!」

けれど困ったことに。
当然だが、ブーツでは保育園に行けない(まさかブーツでマラソンはない)。
おでかけ専用靴を既にぽよは持っている(砂が入るから、という理由で保育園にははいていかせてないピンクのバレーシューズ)
サンタさんにも、ぱぱままサンタにも、既にプレゼントのリクエストをしている。

と、買ってあげる理由が何一つない。

「ぽよの足が大きくなって、ピンクの靴が入らなくなったらね」というと、嫌だ嫌だとひっくり返る。


が、そのとき、ぽよに救いの手が。


「ぽよちゃんのクリスマスプレゼントに○○という絵本買おうと思うんだけど、注文していい?」と母からのメール。
さっそく、おばあちゃんサンタにブーツをおねだりすることにしたぽよ。←ここまで一昨日。

そして昨日。
ぱぱとデート中にぽよ、気に入ったブーツを見つけ出す。
ぽよの好みもばっちり。サイズもばっちり。甲高幅広のぽよの足もすぽっと入ったそうな。
ここで作戦会議。
ブーツを買っても、平日ははけない。来年にはもうはけない。それなら、クリスマス待たずにさくっと買って少しでも長くはかせてやったらどうか。

とういわけで、さっそく今日、母と合流してブーツを見に行った。
ぽよが選んだのは、黒の革(に見える)素材で、ベルトがついているだけのシンプルなブーツ。
母、「ブーツ欲しいっていうからもっと、こう、いろんな模様のついた子どもっぽいやつかと思ってた…」と唖然。
さっそく試着。にこにこ顔で靴屋の店内を歩き回るぽよ。痛くないか確認して購入。
このとき、ぽよサイズは現品限りだったことが判明(そらそうだ、16センチのブーツとか普通たくさん置かんわ)。クリスマスまで待たなくてよかったね、と言いながら、その場で値札切ってもらってさっそくブーツデビュー。ちなみにこの日の服装は白のシャツにピンクのチュニック、黒のふりふりスカートに、ピンクのタイツ、とブーツとの相性もばっちり。

ぽよ、超ごきげん。

ちょっとお茶でも、と喫茶店に入ると、「ばあちゃんの隣に座るー」(ばあちゃん大喜び)。
おやつを食べてしまうと、「早く歩きたいー」と席を立ち。
トイレに入ると、でっかい鏡に全身を映してにやにやとご満悦。

よかったね、ぽよ。
【2009/11/22 21:09 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
11月
あれよあれよと日が過ぎて、11月ももう終盤。
この間、いろいろありました。

ぽよは、父の畑で芋ほりを2回もやらせてもらい、すっかりじいちゃんと畑のとりこに。
「おじいちゃん♪おじいちゃん♪」と父の後ろをちょこちょこーちょこちょことついてあるき、父が「ちょっと大根とってくる」と言えば「ぽよも行く!」とすぐさま立ち上がる有様。
芋だけでなく、大根、菊菜、オクラといろいろ収穫させてもらって大喜び。

あとは、ぱぱに約束どおりプリキュアショーに連れて行ってもらい。
そこは小さな遊園地(動物園つき)で、プリキュアにトーマス(乗り物)に、とおおはしゃぎ(だったらしい)

さくらの方は、妊娠4ヶ月半ばに。
つわりはだいぶマシになったけれど、夜起きてられず、8時からは睡魔と闘い、ぽよをせかしてせかして9時にダウンという生活。

超音波の結果、「気にするほどではないけど数箇所出血してるよー」とか、尿検査では「まだ初期なのにもう蛋白おりてたよー」と脅されつつ、赤ちゃんはそれなりに大きくなってきてるようで、一安心。
ぽよは、男の子だと信じきっているみたいだけれど、はてさて。
【2009/11/21 16:40 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。