スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
お誕生日会
今日は保育園のお誕生日会。
4月生まれ、5月生まれ、6月生まれの園児たちが対象。
子どもたちだけでお祝い→保護者向けの発表会という流れ。

ぽよとしては割と張り切っていたようで、昨日から「ぽよなー、前出て歌うねんでー、大きな声で歌うなー」と言っていたけど…。

まずは全員で入場→お誕生日の歌→各月の歌とぽよ、髪の毛やほっぺをいじりながらも(←緊張しているしるし)大きな声で上手に歌う。

そして、クラスごとの発表。3歳児クラスの歌は「めだかの学校」
家でぽよが歌ってるの聞いたことないなーと思いつつ、聞いていると。
端っこに並んだぽよ。「めーだーかーのがっこうはー」までは大きな声で歌っていたけど、突然髪の毛をいじって食べ始める。

…歌詞、覚えてなかったのね…

見物にきていた同い年のお友達(お姉ちゃんが誕生月に入ってたので、保護者席で親と一緒に見学してた)がわざわざさくらを振り返って「ぽよ、歌ってないでー」と教えてくれるくらい、あからさまに髪の毛を食べ続けるぽよ。

自分の席に戻ってからは、にやーーっと笑ったり、ぼへーーっと立ってみたり、ぐだーーっと椅子の背にもたれかかって(というか反り返って)みたり。

…歌えなかったのが悔しくて気まずいのね、あなた…

その後、親子で遊ぶときもぱぱにべったーーーっとくっつき、首筋に噛み付き(恥ずかしいときに手を口に入れるくせがあるのだけど、それを人の身体でやるとこうなる)、傷心のぽよ。

家に帰ってから、「お誕生日の歌とかこいのぼりの歌とか上手やったねー」と言うと、少し元気に。


でも、夜、ぱぱとお風呂に入りながら大声でめだかの学校歌ってたよ。
やっぱり悔しかったんだねぇ…。
スポンサーサイト
【2009/06/27 22:37 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
きゅうりの塩もみ
普段、さくらは仕事帰り、駅から徒歩で帰宅→夕食準備→お迎えのコース。というのも、保育園帰りのぽよはさくらにべーーーったり、わがままモードスイッチオンになるので、ぽよをつれて帰ってからだとご飯作れないから。

けど先日、仕事が長引きそうだったので、チャリを駅に待機→駅からチャリで直接お迎え→帰宅としたときのこと。ぽよ的にはいつもよりお迎えが早くて上機嫌だったらしい。

夕食の付け合せにきゅうりの塩もみを作ろうとしていたら、それを見たぽよ。

「ぽよが作ったる! お手伝いエプロン!」

そして、さっそうとお手伝いエプロン(プリキュアのやつです)を装着。ひもは前に回して、自分で結ぶ。
そして、きゅうりとスライサーを手に。
もちろん、スライサーを一人で使わせるわけにもいかないので、きゅうりはさくらとぽよで持って、スライス。

残りが短くなってきたからもうやめるねー、と言うと。「なんで?」
刃を指して、「ここが包丁なんだよ」と言うと「いいーっ!?」

小さなざるにきゅうりを入れ、塩を振ると、さっそくもみ始めるぽよ。
スライスしたきゅうりが割れないゴッドハンド(笑)を披露。
しんなりしたら、水で洗い流して、「次はしぼるねんでー」と得意顔。

皿にわけていると、「あとみーんなぽよのがいい」と分け前を多めに要求。

で、いざいただきます。

「これなー、ぽよが作ったからめーーっちゃおいしいねんでー。また作ったるなー。今日みたいな時間のお迎えの時なー。いつもの時間やったら無理やけどなー」

得意満面で延々しゃべるしゃべる。
そのきゅうりはおじいちゃんのきゅうりだから、おじいちゃん、聞いたら喜ぶよ。
【2009/06/27 10:36 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
プリキュア狂い
絶賛プリキュアハマり中のぽよ。
買い物に行くとプリキュアプリキュアとうるさいうるさい。

おじーちゃんおばーちゃんからプレゼントされたお洋服、さくらのお友達からプレゼントされた靴下、それに飽き足らず来月から始まるプールに向けて水着もプリキュア(しかもコスプレデザイン)
それでもまだ、プリキュアグッズがほしいらしい。


ついには、手芸屋さんの前でプリキュアの布地を見つけて
「プリキュアー!欲しいー! まま、これでパジャマ袋作ってー」
(ぽよは何でも「作って」といえばちゃっちゃとさくらが作れると思ってるらしい)

ちなみにぽよのパジャマ袋は入園時に100均で買った薄っぺらい巾着。あまりに安っぽくて紐だけ取り替えたら多少は見られるようになった、というモノで、そこに多少の後ろめたさがあったさくら、ぽよに負けてプリキュア布を50センチ購入。袋だけなんで、50もいらないんだけど、失敗に備えて。


帰宅後、「もうこれいらなーい♪」とさくっと古い巾着を丸め始める。(ちょっと待て!とそれはさすがに止めた)
で、戦利品の布を上機嫌で広げ、自分の体に当てて…

「まま!これでお手伝いエプロン作れる!!」

ええ、確かに昨今、ぽよがお手伝いをしてくれるので、そのうちにお手伝いエプロン用意しようねーとは言っていましたが…。
いや、エプロン作ると袋の布が…。

とりあえず、エプロン本体部分だけの布を断って残りを袋に。大きさ的にはなんとかなりそうだったけど、底を輪にできなくって、手間倍増。
とりあえず、巾着だけは保育園に間に合わせた。ミシン縫いの下手くそなさくらが作ったもので(編み物とかフェルトとかはそれなりに作るので、きっとぽよはさくらが何でも作れると思ってる)、あちこちいけてないとこがあるけど、本人は大喜び。

エプロンの方は見返しやら紐やらを別の布でとって何とか一週間後くらいに完成。
ぽよ、こちらも大喜び。しばらくは、家にいる間中エプロンしてた。そのうちにエプロンしてないとお手伝いしてくれなくなったけどね。

ちなみに、それでもまだぽよのプリキュア熱は収まらず…。
その2週間後くらいにはプリキュアのワッペンを買わされて、ぽよ専用ポシェットを作らされたり…。
こっちも気に入ったらしく、外に出るときには必ずつけて出るので、嬉しいといえば嬉しいんだけど…。

お財布に優しくないよ、ぽよ…。
【2009/06/22 14:51 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
くじら
昨日、ぽよが保育園からお土産を持って帰宅。
そう、「父の日プレゼント」

ぽよの保育園では、ちょこっとしたものに、ちょこっと園児が手を加えたモノを父の日母の日にお土産として持って帰ってくるんだけど、母の日にはなべつかみにぽよが絵を描いたやつだった。
そして今回、父の日にはコロコロクリーナー(ただし粘着テープはついてない)。ケースがくじらの形をしていて、ローラの取っ手に潮ふきの形の飾りがついてる。つまり、ローラーをケースにセットすると、くじらの完成、というモノ。

で、そのくじらのカラダにぺたぺたとシールを貼っているのがぽよの手の入ったところ。


ぽよはそのくじらが大変気に入ったらしく、ぱぱへのプレゼントだというのに、帰宅後早速開封して、いじりたおし、芯だけのローラーで「そうじき!」とあちこちころころ。
いやいやぽよ、それじゃキレイにならないんだって。

翌日、ぱぱが夜勤明けで眠っているのでなかなか渡せなくて、ぶーぶー言いながら、やっぱりいじりたおしてころころしたおすぽよ。
そしてついに、待ちきれなくなったらしく、寝室に突入。しばらくして戻ってきたのはぱぱだけだった。

なんと、ぽよ、ミイラ取りがミイラ。ぐっすりとお休みとのこと。

けど、30分もしないうちに起きてきて、ようやくぱぱにプレゼント。開封したまま、裸で渡してたけど。

ぽよの前では笑顔で受け取ったぱぱ。
後に微妙な顔で
「…シールだけ、なんだ…」
きっとぽよ直筆の絵(というか自分の似顔絵)が入っていると期待してたんだろうな…。
【2009/06/20 21:04 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
なんで?
最近、ぽよは「なんで?」が多い。しかも、理由を説明しても、「なんで?」を繰り返す。

ぽよ「なんで●●なん?」
さくら「それは▲▲だからだよ」
ぽよ「なんで? なんで●●なん?」
さくら「…(今説明したやん」

そんなぽよを納得させる(?)魔法のことば。それは「大好きだから」

ぽよ「なんで今日カレーなん?」
さくら「ぽよが大好きだから」
ぽよ「いいーーっ!?(嬉しそうな笑顔)」

便利なので多用してたら、ぽよが先回りするようになりました。

ぽよ「なんで○○(誕生日がぽよと一日違いのお友達)ってお誕生日、ぽよの次なん?」
さくら「…(返事に困る)なんで、やろうね?」
ぽよ「ぽよのことが大好きやから?!」
さくら「…だったらいいね」

さらにさらに、「大好き」に感化されたぽよ、お友達に「ぽよのこと大好き?」と聞いて回ってるらしい。
あなた…それ鬱陶しがられるよ(涙) 幸い、みんな「うん」と言ってくれているらしく、ぽよはことあるごとに「○○とー××はー、ぽよのこと大好きやねんでー」と嬉しそうに話してる。


そして、GWに帰省したときのこと。
さくらとぱぱはお買い物に行く用事があったので、ぽよに一緒に来るかおじいちゃんおばあちゃんと一緒に遊んでもらうか聞いたところ「おじいちゃんおばあちゃんと遊ぶ!」とのこと。

ぽよを預けて、さあ出発、というとき、車の助手席に乗り込んださくらを見て、「なんでまま、今日はぱぱの隣に乗るのー?(いつもはぽよの隣で運転席の後ろに乗ります) ぱぱと二人やからー?」と。
このあたりまでは、普通のやりとりだったんだけど、不意に義母が噴出して、笑いながらぽよの発言を教えてくれた。ぽよときたら、さくらが助手席に乗る理由を得意げに義母に説明したらしい。

「ままがぱぱの隣に座るのはー、ぱぱのことが大好きやからやでー」

いや、まあ、あのさ、TPOというものをさ、ぽよ…。ままは恥ずかしかったよ。
【2009/06/08 22:37 】
| コドモの話 | コメント(3) | トラックバック(0) |
昔話
最近、ぽよはなぜか赤ちゃんの時のことを聞きたがる。
特に、保育園入園当初(2歳なりたて)、迎えに来たさくらの顔を見たとたんに大声で泣いていた、という話がお気に入り。

そこで、また聞いてみた。
ぽよ、ままのおなかの中にいたときのこと覚えてる?

2歳前に聞いたときには、確か「…おさかな」という答えだったのだけど、今回は首をひねっているぽよ。

じゃあ、出てきたときのことは?
ぽよはずーっとさくらのおなかについてた分娩監視装置蹴ってた、という話をすると。

「そうやでー。なんじゃこりゃーってぽよ、大きな声で言ってたでー。聞こえた?」

…あのやたらでかかった産声は「なんじゃこりゃ」だったのですか。

「はいはいって(這う姿勢)って出てきた。お顔から出てきたでー。こう、ぐにゃぐにゃって」

ぐにゃぐにゃっていうのはゆれてるの? 回ってるの?

「回ってた!」

出てくるとき狭かった?

「広かったー。こーんなに(両手の親指と人差し指で輪をつくる)広がってたからー」

しんどかった?楽しかった?

「楽しかった!」

いや、だから早く出て来いとどれだけ思ったことか(苦笑)
で、最初にぽよ、誰に抱っこしてもらったん?

「ぱぱ!」

(とりあげてくれた助産師さんを除いてなら)正解。

「だってぱぱがいいーってぽよ言ってたもん」

あのでかい産声は(以下略)


覚えているのか創作かはわからないけど、ポイント抜き出してみると結構正確。やるじゃん、ぽよ。
【2009/06/04 21:48 】
| コドモの話 | コメント(3) | トラックバック(0) |
悲しいお別れ
昨日、お迎えに行ったときのこと。
帰り際に、先生に「いつも同じ時間にお迎えだったメイちゃん引越ししちゃいましたからねー(ぽよちゃんもさびしいでしょう、的な)」と言われてびっくり。つーか初耳です(涙

メイちゃんといえば。
ぽよと双子かと思うくらいにイロイロ似ていて。
とっても仲良しで大好きでお互いにライバルで。
なぜかお互いにちょっと意地悪なんかもして毎日のようにケンカして。
それでも毎日一緒に帰りたがって。

そんなメイちゃんが、急にお引越ししてしまったみたい。お別れ言う機会もないまま。
そういえば最近会わないなーとは思ってたけど。
隣で聞いてるぽよも魂抜けた顔してた。

家帰ってきてからのぽよのひとこと。
「ぽよにはかなたくん(仮名)がいるもん。かなたなー、ぽよのこと大好きなんやって」

うん、よっぽどショックだったんだなぁ。
寂しくなっちゃうね、ぽよもさくらも。

【2009/06/03 21:22 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。