スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
歯形……
今日はさくらの出勤日。
ぽよはいつも通り一時保育に行くはず……だったのに、いつも送ってくれるぱぱの都合がつかず、仕方なく先日見学したばかりの保育所に予約。迎えはいつも通りにぱぱが行ってくれるはず……だったのだが(しつこい)

前夜、ぱぱが帰ってこず(しかも明け方4時前にやっと連絡がついた)、かえれなーい、お迎えもいけなーい、明日もかえれなーい、とかこの時間にほざく。

仕方ないので、ささっと自分の朝食をとり、着替えをして朝6時半にぽよを起こす。
思いのほかしゃっきり起きてくれたぽよは、さくらの顔を見て「めめ?(眼鏡ないよ?)」と不思議そうな顔(もうコンタクト入れていたのです)。
いつになく聞き分けよく、出かける準備の整ったぽよをつれて、いざ保育所へ。
初めてのところで不安だったけれど、さくらにも仕事の都合があるので、保育時間を延長して7時まで預かってもらうことに。実にぽよ、8時?7時と11時間も預けられてしまう。

それと知らないぽよ、先生に「ままにいってらっしゃいしようねー」と言われ、さくらが「ばいばい」と手を振っても、にっこり笑って先生に向かって「ばいばい」(おいおい、違うぞ)。
んで、まだよくわかってないうちに先生が素早く中へと連れて行ってお預け完了。

7時に迎えに行ったら、でも結構まだ子供たちがいてるみたいで、泣き声なんかも聞こえたりして。そうだよね、もう辺り暗いもんね。
しばらく入り口で待ってたら、ぽよが先生に抱かれて登場。さくらの顔を見るなり、「まま……ままー!」と叫んで号泣。そりゃ寂しかったよね、と思いつつ「ただいま、ぽよ」と言ったら、先生が「実は……」と言ってぽよの顔を横に向けた。
な、なんとそこにはくっきり円形の歯形が!

どうやらお友達とけんかをして噛まれた、というか体重かけられて歯を押し当てられた、ということらしい。冷やしてはくれていたんだけど、くっきり! どう見ても歯形! 女の子の顔に!(号泣)
で、さらにそのけんかというのがドアの隙間の取り合いだったらしい。
ちょっとだけ向こうが見えるわずか1ミリ程度の隙間から、向こうにお母さんがいるかもしれないと覗きたくてけんかになったっぽい。
……切なすぎす。
スポンサーサイト
【2007/01/31 23:21 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
小さな恋人?
今日はひなちゃんとは会えず、公園でまきちゃんと2人。(いや、もちろん他にも人はいたけど)
最近は、ぽよをお友達だと認識してくれたらしいまきちゃん、ぽよの顔を見るなり、指差してにっこり。
これは脈ありか、と踏んで「ぽよ、まきちゃんぎゅー」とけしかけたら、なんと、まきちゃんもぽよに駆け寄ってくれてお互いに「ぎゅー」
うん、見た目はなんか変だったけどさ。お互いに腕がぶつかったり、胸だけ出て腰が引けてて、なんだかまわしの取り合いをするお相撲さんみたいだったりとかさ。
でも、まきちゃんママと2人してすごく感動しちゃった。

ぽよも最近はすっかりお友達と遊ぶのが楽しい様子。
とはいってもあくまでマイペースで結構我がままで、相手が合わせてくれないとまだうまく遊べないのだけれど。
そんなぽよにペースを乱されてちょっとお疲れ気味のまきちゃん。
でも、さりげなくぽよにタッチして慌てて手をひっこめたり。実はけっこうらぶらぶ?
【2007/01/29 22:32 】
| コドモの話 | コメント(3) | トラックバック(0) |
酢醤油!
今日はとある保育所の見学に。
年度末にかけて微妙に忙しめなさくらは、時々出かけなければならないのだけれど、その時の預け先に困っていたので、民間で一時的に預かってくれるところを探してた。
ネットで探してもわからないんだな、これが。
やっとヒットしたところに(何せけっこう急ぎなもんで)とりあえず見学。
まあ、悪くはなさそうだったので、入会手続きをしてきた。
その間、ぽよははづかしそーうに、くねくねー、くねくねー、としてたけれど、次第に慣れて(でもぱぱとさくらの元は離れない)、おしゃべり花盛り。スリッパを勝手にはいて、さらにさくらやぱぱにもはくように強要。

帰りはお昼時だったので、近くにあった中華料理やさんへ。
点心バイキングつきのランチを頼むことに。
ぽよがいると、バイキングってすごく気楽でつい選んじゃう。単品頼んで食べなかったらイロイロアイタタタ、だし、バイキングなら1つくらいはアタリがあるだろうし、ぽよ、無料だし(死)

結局、スロースターターだったものの、最終的には単品3皿分くらいはぺろりとたいらげたぽよ。
でも一番ヒットしたのはなんと酢醤油!
割り箸の先を酢醤油に浸してぺろぺろなめてましたよ……。蒸し餃子にもいーっぱい酢醤油つけて食べてたし。
妊婦か、あんたは……。
【2007/01/27 22:10 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ここ!
今日も元気な三人娘。公園で砂遊びを満喫した後は、走り回る走り回る。

ぽよが気ままに走り回り、それをひなちゃんが追いかけ、さらに触発されたまきちゃんが追いかけるの構図。
これを見ていて、子どもの追いかけっこって、互いに相手に関心があること、自分に関心を持ってくれていることを確認し合う遊びなんだなってすごく思った。
ひなちゃんとぽよが笑いながら追いかけっこしてるのみて、ひなちゃんママが「幸せ……」って呟いていたけど、その気持ちすごく分かる。この年から同年代のお友達と遊ぶのってすごく大切なんだなぁ……。

走り回るのに疲れたか、「おっちんとーん(大阪では「おすわり」を「おっちん」という)と言いながら、遊具の端に腰掛けるぽよ。そして、「ここ!」と自分の隣を指し、さくらにも座るよう、要求。なのに、さくらが座った途端、さっさと立ち上がるぽよ。数メートル移動してまた「おっちんとーん」(以下延々とループ)

そうこうしている間にひなちゃんがやってきた。
さっそく「ここ!」と指してひなちゃんに隣に座ってもらうぽよ。ひなちゃんが座ってくれた後、さらに「ここ!」と反対側を叩く。ちょうどその時、まきちゃんが近いところにいたので、呼んで来てもらうことに。
まきちゃんの姿を見た途端、ひなちゃんも自分の隣を叩く。そう、2人ともまきちゃんに自分の隣に座って欲しい。さあ、どうする、まきちゃん!?
と思っていたら、不意にぽよが自分の座る位置をすっとずらした。
そして、自分とひなちゃんの間を「ここ」と指したからびっくり。
これでまきちゃんは、ひなちゃんとぽよと両方の隣に座れるけれど、まさかぽよにこんな知恵があるとは思わなかった。おそるべし一歳児!

その後は、まきちゃんが転んで口の中切って、先帰ったりするようなトラブルはあったけれど、お昼過ぎるまでめいっぱい遊んだぽよ。
本当、今は外遊びが愉しいんだね。
【2007/01/26 22:11 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
3人娘
PA0_0191.jpg

よく公園でよく一緒になる3人娘、ぽよ、まきちゃん、ひなちゃん。
なんとなーくオトモダチな3人は、時々まねっこしたりおいかけっこしたり。

ひなちゃんは、ぎゅーってしてもらうのが好きっぽい(でも自分ではしない)
ぽよを、「ひなちゃん、ぎゅー」とけしかけると、ぽよはぎゅーしに行く(でも自分からはしない)
ひなちゃんは、微妙にぎゅーして欲しそうな雰囲気を醸し出しつつ、ぽよを追いかけ、でも距離50センチのところでストップ。
なんだかその微妙な距離感がおかしくて笑っちゃった。

最近のぽよは砂場のバケツがお気に入り。腕にかけて持ち歩くのだけれど、その様子がすっかりオバサン。
「ねえ、オクタマ、今日は角のしゅーぱーで卵が安いんですってよ。ごぞんじ?」
なんて言ってそうだ。

まきちゃんは最近、職人モードに入ることが多いけれど、実はジャンプが上手なことが発覚。さくらが跳ぶと、喜んで跳ぶ。ついでにぽよも跳ぶ(ふりをする)けれど、ぽよ、あんた、足が地面から離れてませんがな。

そんなこんなで遊んでいたら、ぽよがいきなり「あー!」(のどかわいた)と言って、公園の向こう側に1人てってと走って行く。いつもお水飲む時は座って飲むので、ベンチを目指しているのかなと思うとそうではなく! ぽよは公園の出口目指して走って行く。そう、自販機でお茶を買えと要求しているのだ。
確かに、お水持って行くの忘れて何度か買ったけど、今日は持ってる。買ってなるものかと、ぽよの要求を却下。
ぽよ、「ふぎゃーー、ままー、ままー、こっち! こっち!」と怒る。水を出して見せても「あかん!」
ひなちゃんとまきちゃんのママにおだててもらって、ようやく水で満足したぽよ。「おいしー!」とどつきたくなるような満面の笑み。

ちなみに、写真はひなちゃんのママが描いてくれたぽよの似顔絵。めちゃ似てます。
【2007/01/23 23:13 】
| コドモの話 | コメント(3) | トラックバック(0) |
ファスナー自由自在
ちょっと前からファスナーを自由に開閉できるようになったぽよ。
さくらが家の中で着ているフリースのファスナーを、ことあるごとに上下したり、鞄を勝手に開けて中のモノを取り出したりしていたけれど、今日は一段とすごかった。

まずは公園に行った時。
久しぶりに会う友達にテンションも高く遊んでいたぽよ。
確かにのども乾いたことだろうけれど、いきなりさくらのウエストポーチ(しゃがんでたから、余裕でぽよの手が届く高さだった)を開け、中から水の入ったペットボトルを取り出す。
さすがに蓋は固くて開かない(ストローをつけているので、ぱちんとするタイプの蓋です。ねじる方は開けてしまうことがしばしば)けれど、そこはさくらに開けさせ、いっちょまえの顔をしてちゅうちゅうごくごく。

それを2度も!

そして次は夕食前。
さくらが夕食の支度をしていると、案の定怒って泣き出すぽよ。
床にへたりこんで「あっこ!(抱っこ)」と要求。
それをなだめつつ、テレビの前に連れて行き、「ぐるぐるどかん」を一緒に踊り(踊らないと怒るのです)したりしてなだめていた。
そしてやっと落ち着いたぽよから離れ、またご飯の支度。
なんだか急に静かになって1人遊んでいるぽよ。
でも、静かな時ほど怪しい……。
そっと覗いてみるとぽよ、さくらの鞄を勝手に開け、中から財布を取り出して中身をぜーーーんぶぶちまけてました。
慌てて取り戻そうとすると「あかーん」
「『あかーん』ちゃう。あんたがあかん!」(コレ対ぽよ用の最終兵器)と言うと、両手を振り回して怒りながら、財布を離したぽよ。

ああ、もう油断も隙もあったもんじゃない。
【2007/01/22 00:35 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぱぱ、まま
うっひゃあ、風邪で微妙にダウンしている間にすっかり間が空いちゃった……。
無精しちゃって申し訳ないです(ぺこり)

さくらが微妙ダウンの間、ぱぱは早めに帰って来てくれてぽよの面倒を見ようとしてくれたのだけれど、なぜかこういう時に限って「ままー!ままー!」のぽよ。
このままほっておかれる!とでもいうような微妙な危機感でもあるのかしら……。

そんなぽよ、最近は「ぱぱ」と「まま」の意味がわかってきたようす。
何度も何度も確認するように「ぱぱ」と「まま」を繰り返す。いや、よく間違うんだけど(笑)
ぱぱを指して「ぱぱ」←満足げ
次にままを指して「ぱぱ」←「まま!」というツッコミが入る。
「まま」と言い直す。
そしてぱぱを指して「ぱぱ」
をエンドレスに繰り返す。最近は、ままを指した時が「ぱま」になりつつあって、間違えなくなる日もそう遠くないのかも。
と思っていたら、今度は自分の胸を指して誇らしげに「ぱぱ!」と言うぽよ。
「ぽ・よ」(いえ、もちろん本名でいいますよ)と言ってもそこはなかなか真似しない。
まあ、ちょっと発音しにくい名前だから仕方ないか。
【2007/01/21 22:20 】
| コドモの話 | コメント(5) | トラックバック(0) |
法事
昨日、ダンナ宅で法事があったので、土曜日から帰省。
向こうに着いたのはもう夜だったけれど、一年程前に会ったきりの義叔父がぽよ的に大ヒットだったらしい。人見知りも全くせず、一目でなついたぽよ。

そして、「あたちってばいい子でちょ」アピールをさっそく始める。
着いてすぐにぱぱとお風呂に入ったぽよ。ご機嫌であがってくると、床に敷かれたバスタオルをそれと察して自らごろんと転がろうとする。
まだ仰向けには狙ったところに転がれなくて何度も失敗していたので、さくらが抱き上げて寝かし直したけれど、「さあおむつをつけなちゃい。あたち、良い子にちてまちてよ」と言わんばかりにおとなしくしている。

ありえない。はっきり言って(普段では)ありえない。

さらにさらに、パジャマまでおとなしく着せられようとするぽよ。

ありえねー!

そんなぽよに言ってみた。
「ぽよ、自分ではけるところおじさんに見てもらう?」
するとぽよ、喜び勇んで足を突っ込む。
おじさんにほめてもらって有頂天。

まあ、こんなエピソードがあってあとはずーっとばたばたしっぱなし。
法事の時には、退屈したぽよ、ティッシュを何枚か引き出して遊んだ後に、なんとさくらの膝に乗って「ちゅー」とキス。あんた、仏前ですぜ(苦笑)
その後の昼食では、早い段階で料理がきたので、お預け状態になったぽよがきーきー。

それでも、総合的に考えればすっごく良い子だったかな。
結局、法事の間中、大して歩き回ったり、お坊さんの邪魔したりはしなかったし、お昼ご飯もちゃんと待てたし(目の前に大好物のイチゴがぶらさがっていたのに!)

でもイロイロと強行軍だったせいもあって、夜泣きはするわ、生活リズムが狂うわ、ついでにさくらは風邪をひくわで大変だった。
教訓。幼子を連れて遠方の法事に行くのはかなーり無理!
【2007/01/15 22:51 】
| ヨモヤマ話 | コメント(6) | トラックバック(0) |
ちめたーい
本当にすごい勢いでいたずらを覚えていくぽよ。

今朝、さくらが着替えようとパジャマをぬぐと、すごい勢いでかけつけてきた。
そして、さくらの胸やお腹に冷たいお手てでぺたぺたさわりまくる。
曰く「ちめたーい」「ちめたーい」
……わかってやってるでしょ、あんた(怒)

そんなぽよ、昨日あたりから「こっちはー」「こっちはー」と連呼する。
それも、何をさす訳でもなく、微妙にお辞儀さえしてる感じで。
何が「こっち」なんだろう、とずーっと考えていたけれど。
どうやら「こっちはー?」じゃなくて「こんちわー」だったらしい。
けれど、なぜか人前では言わないぽよ。

ちなみに、おでかけする時のあいさつは「いってらっしゃい(ぽいこと)」
帰って来たときには「おかえり(ぽいこと)」
おもしろいね、ぽよ。
【2007/01/11 01:12 】
| コドモの話 | コメント(3) | トラックバック(0) |
お風呂の入り方
今日はさくらの今年初出勤。
すっかり寝坊ぐせのついたぽよ、さくらが家を出る直前に寝ぼけつつお目覚め。
「ままー、ままー、ままー」と寝ぼけながら泣きわめいて、いってらっしゃいしてもらえなかった(涙)

最近、さくらとお風呂に入るときと、ぱぱとお風呂に入るときとでぽよの行動がぜんっぜん違うことが判明。
ぱぱは、湯船にぽよをつけて自分が身体を洗っているときに間が持たないと困っていたけれど、さくらの時にはぽよは機嫌良く湯船でちゃぷちゃぷしながら待ってる。
その代わり、さくらが身体を洗った後、タオルをすすぎはじめると、「ちゅいちゅい!」と叫びながら自分の耳を指す。これはかなり前に、ぽよの耳にせっけんの泡が残っているのに気づいて、タオルでふきとって以来、すっかりそれを気に入ったらしく、毎日毎日せがむようになった。
けれど、ぱぱには決してこれをせがんだりしないらしい。

その代わり、ぱぱと一緒に入ったときには、蛇口からお湯を出していないとうるさいらしい。
ぱぱが言うには、以前、風呂釜から熱い湯が出て来たのに耐えかねて、蛇口からぬるめの湯を出してうめようとしたところ、ぽよがそれを気に入ったとか。

ちなみに、もちろんさくらと入ったときにはお湯出せとせがんだりしない。
湯船の中でさくらや自分の身体を指して「ここは?」「これは?」と名前を言わせてご満悦。

どうやらぽよめ、しっかりぱぱの時とさくらの時とで違う楽しみを見いだしているらしい。

ぽよの大好物、豆乳ポタージュのレシピとそこに至るまでの失敗談を上げてみました。
現在進行形で試行錯誤中。よければ見てね→
【2007/01/10 23:34 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
すんごいお友達
今日は、幼稚園が始業式だったせいか、いつもの公園が大にぎわい。
いっぱいお友達もいて、ぽよはご機嫌。
その中にすごいお友達がいた!

ちょっと背も高かったし、行動がしっかりしてたから、2歳くらいかなぁと思っていたら、なんと一才半! ぽよの方がお姉さんだというのに、すーっごくしっかりしてた。
言葉がぺらぺら、というわけではないけれど、なんというかツーといえばカー(何)

そして、何よりすごかったのが、ダンス。
あの、クリスマスになると街角に現れるダンシングサンタのように、キレのある腰つかいで、踊りを披露してくれました。
ぽよもよくテレビの真似して踊るけど、腰は棒立ちなので、すっごくびっくり。

でも、ぽよはそのママさんがお気に入りで。
遊具の上に抱き上げてもらい、またそこから地面に抱き下ろしてもらい。
いくらちびとはいえ、ぽよはそこそこ重いし、遊具だって結構な高さなのに!
でもさくらが手を出すと「あかーん」そして、ママさんに向かって「おいで」(←なんていいざまだ!)と繰り返すぽよ。

ママさん、本当にお世話かけました(ぺこり)
【2007/01/09 22:42 】
| ヨモヤマ話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
わざとじゃないとわかっても
最近おしゃべりが上手になってきたとはいえ、発音はまだまだのぽよ。
でも、だからこそ、時々とんでもないことを言うわけで。

最近のメガヒットは、ぱぱのぱんつを指して「ばっち!」
多分、本人は「ぱんつ」と言ってるつもり。でもばっちぃって関西で汚いって意味なんですが(苦笑)
わかっちゃいるけど、と言いつつも、いつもがっくりうなだれるぱぱ。

そんな親の気もしらず、今日もぽよはぱぱとお風呂に入るのに、ぱぱの下着の替えをさっと奪い取り、誇らしげに先導。
もちろん、「ばっち」「ばっち」と叫びながら。
【2007/01/08 22:28 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぽよ操縦法
最近、「あかーん」「あかーん」が多くていらいらさせてくれるぽよ。
でもまだ、切り替えが早いというか、騙されやすいところもあったりする。
そんなぽよの操縦法(?)をいくつかご紹介

1、上着を着せようとすると「あかーん」と嫌がる
 2着上着を見せて、「ぽよ、どっち着る?」と選ばしてみる。
 すると、たいていは「こっち」と選んで着てくれる。

2、遊びに夢中になってたり、何かにこだわっていて、ご飯にしようとしない(出かける予定なのに出かけられない)
 「あ、じゃあママご飯食べるねぇ」と用意してみる。or「ママお外行ってくるねー。行ってきまーす」とドアの方に行ってみる。
 すると、「てて!」と叫びながら洗面所へダッシュ(ご飯の時。この時の切り替えは笑えるくらい素早い)。あるいは「ぼーし!」と叫んで自分の頭をぽんぽん叩く(外行くとき)

3、自分の思い通りにならなくて怒ってひっくりかえっている時
 白々しく「ママ、おえかきしーようっと。まーるかいてちょん、まーるかいてちょん」と楽しんでる振りをする。
 すると、「はい!はい!はい!」と慌てて寄ってくる。面白いくらいよく釣れる(笑)

4、オムツ換えや歯磨きなど、いやがってることを無理矢理やって怒らせたとき。
 しばらく、そのまま泣かせておく。「ぽよは嫌やってんなぁ。でも無理矢理やられて怒ってるんやね」と声をかける(でもこっちが悪いわけではないので謝らない!)。んでタイミングを見計らって遊びに誘う。

我が家ではこんな感じ。でも、ぽよがもうちょっと賢くなったら通用しなくなるんだろうなぁ。
【2007/01/07 18:55 】
| 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) |
実家へ
今日はさくら実家へ。
義父母からの土産を持って行くのと、一応お年始ということで。
ばあちゃんも呼ぶことになっていたので、結構大人数。
でも、実家に行くにあたって心配が。というのも、うちの両親は結構イロイロと金を出したがる。
ので、あらかじめ念を押してみた。
「もし、ぽよにお年玉くれるんならどんなに多くても3000円までにしてね」
案の定、母からは大ブーイング。けれど、それを強引に押し切った。

さて、当日。
前から、「ぽよちゃん用に福袋買いたい。どこのメーカーのがいいの?」と何度も聞かれたときに、「(福袋)ないとはおもうけど、好きなのはコムサ(当然イズム)かなぁ」と答えていた。
そして、意気揚々と「コムサで買った」とひとそろいの洋服を出してくれた母。セーラーカラーのシャツにグレーのジャンパースカート。それに、靴下。
「全部半額だった!」と誇らしげに言う母。んでも、なんだか話していると内容がおかしい。だいたい、教えておいた店と違う場所(デパートの中!)で買ってる。
よくよく見たら……「モード」でしたよ! もう、びっくりびっくり。
「あかんかった?」と母。
いや、あかんことはないが、いくらしたんだよ、一体……。

そんな一幕はあったけれど、いたく和やかに時は過ぎ。
前に会ったときには嫌々だったばあちゃんにも、今回はぽよにっこり。
母が折り紙のコマを出して来た時点で、ぽよのボルテージは最高潮。
コマの好きなぽよ、喜んで回そうとする。最初は回らなかったけれど、たまーに回ると、もう大絶叫。
そうこうするうちにコツをつかんできたぽよ、生意気に指をひょっ!と上に抜くことまで覚えた。
すっかりコマが気に入ったぽよは、なんと全部袋にいれてお持ち帰り。10個くらいあった気がするけど……。

帰ってからも、コマにご執心のぽよ。
かなり器用に回してる……と思ったら、ぽよの興味は解体に向いたご様子。
10個くらはあったコマは、文字通り、あっという間に全滅の運命をたどったのでした。ちゃんちゃん。
【2007/01/06 18:42 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
帰ってきました
あけましておめでとうございます(と書いている今はさらに遅いわけですが)。

どうにか、4日の午後に帰ってきました。
向こうでのぽよときたらそりゃあもう。

いろんな人に遊んでもらえるのと、慣れない場所で気が張っているのとあって、昼寝もしないできーきー。
気に入らないことがあると、ごろーんを披露して笑いをとる始末。

ご飯も、大皿盛りの義父母宅では、ぽよも気に入ったものしか食べたがらない上に、際限なく欲しがる。
義母が正月用に焚いてくれていた黒豆を、多分ぽよは1人で半分以上食い尽くしたんじゃないかなぁ……。おそろしやおそろしや。

挨拶&遊びに行った先ではかならずうんうんをしてくれて。
公開オムツ換えを嫌がり(あたちだってレディなのよ!といったところか)、ぎゃんぎゃん泣いての大騒ぎ。

他にもいろいろあったけど、やっぱり4泊は長かったかも。
ぽよも楽しんだ反面、調子が狂ったようなところもあったようだし。
家に帰って、ぽよの好物豆乳ポタージュを作ってみると、すごい勢いで飲んで、夜はぐっすり。
お疲れさま、ぽよ。
【2007/01/04 00:33 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。