スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
オトメゴコロ?
「こっちがいい」を覚えてから、すっかり洋服の好みにうるさくなったぽよ。
気に入らないお洋服だとダメだしする(=脱ぎ始める)ことも。

今朝、起きた時にすでにパジャマが湿っていたぽよは、そのままお着替え。
白Tシャツにグレーのキャミソールを重ねたえせ重ね着トップに、黒のズボンのスーツ姿でご満悦。

だがしかし!

朝食の時にお水をこぼしてしまい、あえなくお着替え。
脱がせようとすると怒る怒る。
最初に脱がせたズボンをずーっと握りしめて「こっち!こっち!」だそうな。

それをなんとか無理矢理新しい洋服を着せて、おさめたところでさくらは出勤。
ぱぱによると、その後再び水をこぼしたそうな。

ぽよ……ただでさえ洗濯物が乾かなくてお洋服足りないんだよ?
スポンサーサイト
【2006/11/29 21:10 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
じじばば相手にファッションショー
今日は両親が揃って「野菜を届ける」という口実のもとにくることになっていたけれど、朝からなーんも片付かず。
昨日からぱぱが出張でいなくて、ぽよの相手をしつつ、片付けものをしなければいけないわけで、さらに、久しぶりに晴れたからと洗濯機を2回回したりして。
おかげで、公園にもいけず、さくらにも十分に構ってもらえないぽよは不機嫌さん。

そんな時にじじばばが来たものだから、ぽよ大喜び。さっそくじいちゃんに遊んでもらい、昼食前の手洗いもじいちゃんご指名。
ご飯もじいちゃんの分をおねだりしつつ、ほどほどにわがまま言いながらたいらげる。

そして、母がぽよにと上着を買って来てくれたんだけれど、その数なんと3着!
何でも、良いと思って買ったら、もっと可愛いのがあって、前のを返品しようと思ったらレシートがなくて、結局、ま、いっか、ということになったらしい。

新しいお洋服が大好きなぽよは、ご機嫌でとっかえひっかえ。
「こっちがいー」「こっち」と次々に袖を通し、脱いでは違うのをはおる。
そして、マットをつなげて道を作り、その上を歩いたり、ボールを転がしたりと超ご機嫌。
そのうちのおむつが濡れると、なんと、オムツ換えまでじいちゃんご指名。
けど、さすがにじいちゃん、オムツ換えに挑戦する気概まではなかったらしく、代わりにばあちゃんが挑戦。

はっきり言ってへたくそです(爆!)

帰る間際になって、父が持って来た鞄があまりにでかかったので、ぽよを入れてみようとしたら、ぽよ、大激怒。
いきなり服を脱ぎ始めるという奇行に。
どうしてもすっぽんぽんになろうとするので、無理矢理着せて、必殺体温計。
これでどうにか収まってくれたぽよ。
じじばばが帰った後はお昼ねぐっすりでした。
【2006/11/28 21:01 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
こんなのみつけました
ふいっとネットを彷徨ってみたら、こんなのを発見。

「親子のためのスイーツ&ティールームPatisserie Grasstiara(パティスリーグラスティアラ)」

「グラスティアラ」は、街の生活からちょっと抜け出した別荘での生活をイメージしたようなナチュラルテイスト、かつ「こだわり」のある洋服や雑貨を扱っているブランドらしい。
らしい、というのは今のところお店が東京にしかないので、さくらには見に行けないのです。
ちなみにサイトはこちら 
そのグラスティアラブランドから、新たに親子のためのスイーツ&ティールーム「Patisserie Grasstiara(パティスリーグラスティアラ)」が、12/1(金)にサンシャイン池袋店、12/8(金)に阪急三番街店オープンする、ということみたい。

洋服も、とっても素朴な感じがして素敵なんだけれど(ウェブ上だと写真が少ないのが残念……)、このスイーツのコンセプトが素敵。
なんと、「安心・安全への食育」、「食を楽しむ食育」、「健康への食育」を3つの柱に、「子どもの健全なる心と身体の成長と育成をサポート」

スイーツで「食育」を前面に出すのってあんまり聞かない(というか、そもそもお菓子自体、食育とは対極にあるような先入観があるせいか)ので、密かに期待もりもりのさくらです。
だって、ぽよと一緒におやつ食べながら「ここのお菓子はねぇ、安全な食材使ってるんだよ」なんて胸張れるなんて最高じゃないですか。

うちは、結構母が食事にはこだわる方でした。
「一日30品目」だとか、生協に加入するだとか、生産者の名前のわかる農産物、畜産物だとか、無添加食品だとか、無(低)農薬野菜だとか、その時その時の健康ブームを、ほぼ外れなく網羅していました。
おかげで、さくらの食に対する意識も、自然とそこそこのものになっていたような気がします。
さすがに、今の経済力では、そこまでこだわった食材ばかりを求めることもできないけれど、せめて今のうちはぽよにも栄養のバランスだけはしっかりしてやりたいと、あとは、きちんと「いただきます」を言いなさいと、まあ、最低限のことしかやってませんが(苦笑)
でも、考えてみれば食は全ての源。ただお腹を満たすためだけに食べるんじゃなくて、自分の身体を作るために、人との関係を作るために、ものを食べたり、作ったりするようになってほしいなぁ。
そして、何より誰かの料理を「おいしい」と食べられる子になって欲しい。
今のところ、それを知ってか知らずにか、ぽよは食べる時にはいつも「おいしい」を連発してます。ええ、さくらの手作りメニュー以外は!


【2006/11/28 19:03 】
| ヨモヤマ話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
大阪で生まれた女やさかい
ちょっと前から思っていたんだけれど、ぽよの言葉の増え方ってかなり変わってる気がする。

そもそも最初が「おいで」だったというのもあるけれど、ものの名前がなかなか増えなくて(ほとんど、ぱぱ、まま、わんわん、ばばば(←バナナ)、ここ、これ、こっちで表現してた)、その代わりにいわゆる用言というやつばかりが増えて行った。

「でた」「くっついた」「おいしい」「こわい」「いたい」「いないいないばあ」などなど。

それが、最近になって「ぼーぃ」(ボール)、「パン」、「こーえん」など、ものの名前が増えて来たと思ったら、なんと今度は語尾に助詞をくっつけはじめましたよ!

「こっちは?」「ここへ」「おいしいか?」「おいしいよ」←自問自答の形になっているわけじゃないけど。

そして、そして、ついにあれをくっつけました。
そう、その記念すべき発声が。

「ここやで」

これが気に入ったらしく、一日中連呼していたぽよ。
ええ、そうですね、あなたは大阪人ですものね。
大阪弁の基本ですよね。

そして、もう1つマイブームになった言葉が。それは、「こっちがいい」
出かける前に、帽子をかぶせようとしたら嫌がって、古い方の帽子を指差して「こっちがいい」
いや、そりゃ、確かに今までぽよが指差した時に「こっちがいいのね」と声をかけてはいたけれど……。

これもたいそう気に入ったらしく、今日一日、欲しいものを指差しては「こっちがいー」「こっちがいいー」

ぽよの言語習得機能はどうなっているのやら……。かなりナゾだ。
【2006/11/27 22:21 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
耐寒公園
すっかり寒くなって、公園の人影も減って来たけど、それでもぽよは元気。

まず公園に着くと、いつものように玩具(お砂遊びセットとボール)を砂場にぶちまけ、適当に砂場で遊んだり、それはそのままで放置して遊具で遊んだり。

30分ほど1人で遊んでいるところにまみちゃんが来た。
と、それまで触りもしてなかったボールを慌てて拾い上げ(←とられると思ったらしい)、ずーっと持ち続けるぽよ。
まみちゃんとぽよは、微妙にお友達意識があるのか、なんだか見つめ合ったり、拾った葉っぱをあげる、あげないで手出したりいやいやしたり。
そうこうしているうちに、ぽよはブランコへ。
「ここぉ!」と指すので、さくらが座ると、後ろにまわって押してくれるぽよ。
そこへとことこやってきたまみちゃん、さくらのお膝にちょこん。
たぶん、そうとは気づかずブランコを押し続けるぽよ。
しばらくして飽きたらしいまみちゃんは滑り台からお砂場へ。

そうこうしているうちに、今度は3歳4歳の男の子の兄弟がやってきて、砂場で遊び始める。
当然、ぽよが放置していた砂場セットで。
そして、ぽよも砂場に戻って遊び始めるも、大好きな赤いスコップをことあるごとにお兄ちゃんに持って行かれる。そしてボールはまみちゃんへ。
そして、楽しくなくなってきたのか、それとも単純にお腹へって眠たくなったのか、おもむろに「ないない」とか言って玩具を片付け始めるぽよ。
まみちゃんのままにボールを返してもらったけれど、まだまだ遊びたかったまみちゃんは大泣き。
ぽよは必死の形相でボールを口へ。
それを何とかなだめて、今日はお開き。

ま、お昼ねぐっすりだったし、遊びには満足してたのかな。
【2006/11/24 21:43 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
合理性への目覚め
今日は保育所の日。

いつものようにぱぱが送って、ぱぱがお迎え。
ぽよは、保育所でも元気に過ごして、「おいしー」「おいちー」を連発しながらご飯をたらふく食べたらしい。

そして、ぱぱが迎えに来たら、抱きつきに来て、それから部屋にかけてあったタオルを取りに行く(=帰る準備)というのがいつもの流れらしいんだけど。

今日のぽよは、ぱぱの姿を見て駆け寄って、でも途中ではたと足を止め、くるりと向きを変えたらしい。向かった先は、タオル。
そして、タオルを手に、再びぱぱのところへやってきたとか。

そう、ぽよは今日、二度手間を避けるという合理性に目覚めたらしい。
これにはぱぱも、保育士さんも大ウケだったらしいけれど。
【2006/11/22 22:59 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
万事これままごと
ええ、そりゃ最近のぽよときたら、ぱぱやままの真似が多かったですよ。
そして、お世話焼きも多かったですよ。
着替えの気配を察したら、服を脱がせに来るし、お風呂上がりにはぱんつはかせてくれようとするし。
ぬいぐるみ抱えて、(ママがするみたいに)遊んでやるし、手順を先読みしているもの持って来てくれたりするし。

でも、でもね。これはないんじゃないの?

夜、ぽよが珍しく比較的早い時間に「ねんね」と言い出す。
そこでぽよを寝かせ、電気を消し、とんとんしながら子守唄。
すると、ぽよが「ここ」と自分の横をさす。
「ここね」と隣に寝転がると、今度は「ここ」とさくらの眼鏡を指す。
「ああ、ままも一緒に寝るのね」と眼鏡をとって置くと、じーっとさくらを見ているぽよ。
しばらく、暗い部屋の中で見つめ合う2人。

そして。

おもむろに、布団をごそごそ抜け出すぽよ。
そして「ばいばい」とか言って、部屋から出ようとする。

ええと、これは……もしや……
そう、ぽよままが赤ちゃんさくらを寝かしつけたの図、らしい。

ちょっと待てぇーーーーー
【2006/11/21 21:51 】
| コドモの話 | コメント(4) | トラックバック(0) |
利き手はどっち
今日、しょーもないことでぱぱと言い合いに。
というのも、ぽよが左手でスプーンもってご飯食べ始めたのがそもそものきっかけ。
「右で持とうよ」というぱぱに、さくらが「別にいいやん」と言ってから、なんだかあーだこーだと。
さくらは、別にぽよが左利きだろうが何だろうがいいんだけど、ぱぱは、「無理に矯正しようとは思わないけど、左利きだと苦労するから、今のうちに右にした方がいい」という考え。

でもね、今時「ぎっちょ」なんて言わないし、左利き用のはさみだってちょっと探せばすぐ手に入るし。ちなみにさくらなんて、自分の爪をはさみで切るタイプだから、左手にはさみもって右手の爪切ってるし。
困るのなんて、狭いところで並んで書き物した時に、隣の人が右利きだと腕がぶつかるぐらいっしょ?

ぱぱは、それでも左利きの人は苦労する、って言うんだけど、別にしたらいいじゃん、苦労ぐらい、って思うさくらはダメ親なんだろうか。苦労のない人生なんてないんだし、利き手なんてそれこそ誰の責任でもないんだし。
そもそも苦労させたくないっていうんなら、利き手直すことだって苦労じゃないの? 利き手なんて生まれつきなんだから。
と言ったら、「利き手が生まれつきというのは今のところ言われてるだけでしょ?」だって。

ま、でも、実際にはどう見てもぽよは右利きだけどね。
歯ブラシも、鉛筆も必ず右手で持つし。
じゃ、どうしてスプーンは左かって?
それはね、ぽよはまだ手づかみで食べるのが主流だから。利き手で手づかみ、気が向いた時には空いた左手でスプーン、てだけだと思う。
【2006/11/20 12:54 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
初の外食
今日はぽよの洋服ダンスを買うために外出。
タンスといってもそんな大げさなもんじゃなくて、藤のバスケットが引き出しになって積み重なっているようなやつをイメージしてたんだけど、なかなかなくて。

出発が少し遅くなっちゃったのもあって、2件目に回る前に腹ごしらえ。
とりあえず、夢○という名前の和食レストレンへ。
そう、そして記念すべきぽよの初外食。いや、今までに何度かあるけど、ぽよのためにオーダーするのは初。今まではぱぱやままの分を分けてあげてたんだけど、昨今のぽよの食欲を見ていると(現に今朝の朝食、さくらの分を半分近くぽよに奪われた)、それじゃあおっつかないだろうということで、お子様メニューの中から、卵と乳の入っていないネギトロ丼セットをチョイス。
ここ、アレルギー表示があるのがとっても助かるわ。

そして、何よりこのレストランのポイントが高かったのは、座敷があることに加えて、座敷にも子ども椅子があったこと!
椅子好きなぽよは、何も言わずとも自分から椅子におっちん。
まあ、何度も立ちはしたけど、あまりうろうろせずに助かったので、いい感じ。

で、さらにこのお子様メニュー。玩具がついてた。
店員のおねーさんが、袋入り玩具がいっぱい入ったかごを持って来てくれる。
早速目を輝かせてその中の1つをつかみ取り、「あーけーてー」とねだるぽよ。
「ぽよ、いろんな種類の玩具があるよ? それでいいの?」と聞くと、再び籠の中をあさり始めた。そして、新しい袋をつかみ出す。
「ぽよ、1つだけよ」と言うと、なんとぽよ、古い方の袋を戻したよ!
うわぁ、びっくり。

ちなみに、ぽよが選んだのは、小さなピストルの形した玩具。銃身の先にマジックハンドみたいなのがついてて(でも先は掴めるようになっているんじゃなくて、ただのパンチの形した拳)、引き金を引くと、パンチ!と拳が伸びるやつ。
当然、ぽよは引き金なんて引けないから、ぐいんぐいん伸ばして遊んでるだけだったけれど。

さて、感じのお味の方は……。
ちょっとぽよの好みとは合わなかったみたい。
結局さくらのお膳についていたミニうどんをほぼたいらげ(でもネギは1つ1つ取り除いた!)、デザートのゼリーだけはすごい勢いでぺろり。
ふぅむ、これは素直にうどんセットを頼めばよかったのかな。
【2006/11/19 20:58 】
| コドモの話 | コメント(1) | トラックバック(0) |
大好き、お兄ちゃん
今日は寒かった。とっても寒かった。
けれど、最近仕事が忙しくて休日朝はお寝坊モードなぱぱと、あたちは風の子よモードなぽよのために、朝早くから公園へ。

寒いし早いしで、誰もいない。
ぽよもなんとなく控えめにお砂場で遊ぶだけ。
今日は早めに切り上げようかと思ったけれど、微妙に未練を見せるぽよ。
ボールを持ちながら、滑り台へ。けど、両手でボールを持ったままだと、バランスが悪くて階段上れない。でもボール離したくない、で立ち往生のぽよ。
そこへ、少し前から来ていた男の子2人と女の子1人の三人兄弟が登場(何か日本語変だ)。
お母さんの提案で、一番上のお兄ちゃんがぽよの手を引いて、階段を上ってくれ、さらにぽよを抱っこして滑ってくれる。
これですっかり味を占めたぽよ。
ちゃっかりお兄ちゃんの手を引っ張って次をねだる。
それも、自分のテリトリー(?)な小さい滑り台へと。

こっちでも抱っこされたぽよは、思い通りじゃなかったらしく、泣き。
でもまた、お兄ちゃんたちにかまってもらいながら、滑り台へ。
今度は下のお兄ちゃんと妹さん(でもぽよよりはお姉ちゃん)にちやほやしてもらい、ご満悦のぽよ。3人揃って滑って満足そう。

そして、少し早かったけど、上手にばいばいして帰宅。
少しぽよの図々し……たくましさを再発見した今朝の公園でした。
【2006/11/18 22:55 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
眠たかったのね
今日は6時にお目覚めのぽよ。
二度ねさせようにも、すっかりさっぱりお目覚めのようで(涙)

そして、いつものように公園へ。
寒い中、砂場で遊んでいるとお友達がたくさん来た。
今日のぽよは、まみちゃんがぽよのボールで遊んでいても怒らずに(でもじーっとは見てた/笑)、遊ばせてあげてて、ちょっとお姉ちゃんになったかな、と思いきや、自分はひなちゃんのボールをずーーーーーーーーっと手に持っているちょっと屈折さん。

朝早かったせいか、眠た眠たなのが垣間見え、大あくびを何度もしながら遊ぶぽよ。
時々、帰りたそうなそぶりは見せるんだけど、「帰る?」と聞く度、「や!」と首を降る。
動きもなんとなく鈍いものだから、ベンチから降りるのに失敗して、顔から着地。
唇をちょっと擦りむいちゃった。
「いたーい。いたーい」といいながら泣いてたけど、傷口を洗おうと水道のところに連れて行くと、けろり。

そして結局2時間も遊び続けたぽよ。
お昼になったので、さすがに連れ帰ろうとすると、嫌がって泣き出す始末。
それを半ば無理矢理抱えて帰る。

そして、昼ご飯。
元気よく食べていたんだけれど、少し目を離していたら、ぽよがあまりにも静かに。
気になって見てみたら……。
寝てましたよ、テーブルに突っ伏して!
よっぽど眠たかったんだね、ぽよ。
【2006/11/17 21:57 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
かしまし3人娘?
いつものように公園に行くと、ぽよと誕生日が一日違いのまきちゃんと、ぽよより少しお姉さんのひなちゃんと一緒に。

なんとなーくだけど、今日は一緒に遊ぶ雰囲気。
3人なんとなく砂場で遊んでたり、なんとなく滑り台で遊んでたり。
ぽよは、ひなちゃんと一緒に滑りたいような様子を見せていたけれど、なにせまだ滑り台恐怖症。滑り台の上で「こわーい」「こわーい」と連発して、さくらと一緒じゃないと滑れないので、なかなか並んでしゅー、とはいかない。
ひなちゃんだってひなちゃんママと一緒に滑りたいしね。

そして、今度はまきちゃんと小さい滑り台で一緒に。
こっちはもう1人で滑れてお手の物、のぽよは、自分が滑った後、まきちゃんに「おいでおいで」と言いながら手招き。
でも、階段昇りながら「こわーい」「こわーい」とまだ言ってたけれど。

とまあ、仲良くしてると思えば衝突もするわけで。
ぽよのボールが何かのひょうしにひなちゃんの手に。そして、そのボールをすっかり気に入っちゃったひなちゃん、ぽよが「おいーおいー」と言っても返してくれない。
ぽよ、地面にぺたりと座り込み(さすがにごろん、まではしなかった)、ふぎゃー、と言いかけたけれど。
「ぽよ、ちゃんとひなちゃんに『ちょーだい』って言っておいで」とさくらが言うと。
なんとぽよ、すっくと立ち上がり、ひなちゃんにちょーだいの仕草。
結局、その時はボール返ってこなかったけど、あなたは立派だったよ、ぽよ。
そしてちょーだいしたら満足したのか、さくっと気持ちを切り替えて滑り台へ。
やっぱり滑るのはさくらと一緒じゃないとダメだったけどね。
【2006/11/16 22:19 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今日はままの日
今日はお仕事の日。
いつものように朝早く起きてこっそり抜け出すはずが、ぽよ、さくらの目覚まし数分前にお目覚め。さくらの目覚ましで完全にお目覚め。6時起床。

なんだか「まま、まま」と言い募るぽよを適当にあやして、出勤。

仕事を終えて家に帰って来た。
いつもなら「ただいま」と言うと、ぽよが迎えに出てくれるのだけれど、来ない。
「ぽよ、ただいまー」と繰り返すと、和室の扉が閉まっているのを発見。
ぱぱによると、ご飯を食べた後、着替えもせず、風呂も入らず、和室に入って寝転んじゃったそうな。でも。
「ままー。ままー」と中から聞こえるぽよの声。
入ってみると、ごろんと転がったまま、つぶらな瞳でさくらを見つめるぽよ。
「ぽよ、お風呂入る?」と聞くと「はい」と返事をして起き上がる。
とはいってもお風呂の準備なんてできてないわけで、急いで用意。
その間、ひたすらさくらとぱぱの関心を要求し、遊びつつも、折に触れて和室に戻って寝転ぶぽよ。
そうして、ようやくお湯が入り、ぱぱとお風呂……のはずが、「ままーままー」をまた言い始めたぽよ。素っ裸のまま飛び出して来て「ままーままー」
仕方ないので、今日はさくらとお風呂。あがってからはずーっと抱っこ。そうだよね、ぽよだって寂しかったんだよね。

でも、今日はゆっくりとお風呂できると思ったのにな(さくら)
でも、今日はぽよとお風呂できると思ったのにな(ぱぱ)
【2006/11/15 22:07 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
時の流れは切なくて
今日は昼から両親が来るというので、公園の遊びは早めに切り上げたんだけれど。

実は、最近会ったばかり(と思っていた)ぽよと誕生日が1日違いのお友達。
今日、ママさんといろいろ話していると、なんとプレママ時代に妊婦教室で何度かご一緒していたことが判明!
「お腹の中で会ってたんだねぇ」と感慨深くなった私たちでした。
一度切れたと思った縁がこんなところで繋がっていたなんて。

そして、まだまだお友達とは遊ばずにマイペースで遊んでいるぽよたちなんだけれど。
なぜか、先に帰るとなると公園の入り口まで見送りに来てくれたりするから不思議。
お互いに「ばいばーい」「ばいばーい」ってずっと言い合ってる。
今のぽよとまみちゃん、たっくんは「ばいばい友達」っぽい。

そして、昼にいそいそとやってきた両親。
実はばらばらに来たのだけれど、互いに「お爺は(お婆は)ぽよが可愛くて可愛くて可愛くて仕方ないらしい。あそこまでいくと云々」とか言ってるあたりがおかしい。
昼寝をしてないぽよ、父と楽しそうに遊ぶも、眠たそう。でも眠い。
そして遅れてやってきた母。昼食を食べながら「ぽよちゃん、まだ寝ないでね」
父は父で「もう寝かしたれや、かわいそうやのに」
母、「自分は先に遊んだからって……」
とこんな調子。
当然、客のいる間は寝ないぽよ。そして目をこすりながらもハイテンションで遊びまくる。

とまあ、いつものめろめろじじばばだったのだけれど。
ふ、と感じてしまった。
両親の老い。
少し、親にも優しくなろうかと思った(思うだけかも)さくらでした。
【2006/11/14 22:02 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ばたばた、ばたばた
最近、ぽよがだだっ子モードを覚えた。
気に入らないことがあると、仰向けにごろんと寝そべってきーきー言う。
それがまた面白くて。
ただ後ろにひっくり返っただけなら痛いと知っているらしいぽよは、よっこいせ、とひっくり返る。
んでもって、改めて「きーきー」
さて、手足をばたばたさせるのはいつかと興味深く見ているのだけど、まだそれはしないみたい。

さて、今日も子育て支援センターの日で。
午前中、昼寝をしなかったぽよ、後半からなんだか機嫌が怪しくなってくる。
出てもいないのにオムツ換えを要求したり、かばんを持ち出して帰る準備したり。
んで、相手にしないとやりましたよ、ごろん。
ついでなので、両足引っ張って「ずりずりー」としてやったら、なぜか機嫌直して喜ぶぽよ。
さらに、自分でずりっずりっと中途半端ブリッジみたいな体勢で、もそもそと動き出したり。
なんだか新しい遊びに目覚めてしまったご様子。

今日は久しぶりのお友達にも会えてよかったね。
【2006/11/13 22:20 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
珍味におめざめ
食欲はだいぶ戻って来たけど、まだまだ偏食くせの抜けないぽよ。
自分のご飯は食べないくせに、ぱぱままの食べてるものは欲しがる。
今日も、ぱぱままが、ご飯に中華クラゲを乗せて食べてたら。
「あー」(ぱしぱしぱし)←ちょーだいの身振り
あまりにしつこいので、1切れ食べさせてみる。
どうせ、「おいちくないー」と吐き出すんだろうと思ってたら。

まず、お口に入れて、もぐもぐ
「……」←顔をしかめる
そして、んべ。
「ほーらね、おいしくなかったやろ」
とさくらが勝ち誇ったのも一瞬。
再び、ぽよはクラゲをお口へ。
「……」←もぐもぐもぐ
ごっくん!!!
にぱー←何とも言えない笑み。
「あー!」(ぱしぱしぱし)←ちょーだいの身振り。

……負けましたよ、あなたには。
【2006/11/12 21:08 】
| コドモの話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
買ってもらっちゃった
どうやらほぼ完全復活を果たした模様のぽよ。
今朝は朝早くに起き出して、久々にさくらを叩き起こす。
おむつを換えようと、お腹を出させたら、湿疹はきれいさっぱり消えていた。

そして、朝ごはんをきーきーきーきー要求。
が。
実際に朝ご飯を前にすると食べない。
そのくせ、さくらのおやつは「ちょーだいちょーだい」して食べる。またこのちょーだいを初めて正しく手のひらを上向けてやったものだから、ついつい食べさせちゃったさくらにも大いに非があるのだけれど。

数日の病気生活の間に、すっかり「わがまま」を身につけてしまったぽよ。
欲しいものだけ食べられると思ったのか、今日は午前中はきーきー泣きっぱなし。自分の思い通りにならなかったら、ひっくり返って怒る、怒る。

そんなぽよも午後からはぱぱとデート。
豪華なお砂遊びセットを買ってもらって(本当に豪華でびっくりしたよ)、ご満悦。
【2006/11/11 23:28 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
復活宣言?
いい加減、家の中だけでぽよを遊ばせておくのにも限界を感じてきたので、今日はお外へ。
同じくらいのお友達がいっぱいで、最初はさくらにぺったりだったけれど、お砂遊びの道具を貸してもらい、機嫌良く遊ぶぽよ。
でも、自分のボールは貸して上げないケチっぷり。

病み上がりということもあって早めに早めに撤退。
昼ご飯後、寝かしたら1時間くらいで泣いて飛び出してきたぽよ。
でも抱っこして揺らしていると、また眠たくなったみたいで、久しぶりのぐっすり昼寝。

食欲も戻って来たらしく、おやつにバナナを食べさせたら「パン!」と追加を要求。
あまり自信満々に言うので食べさせてみたら………。
晩ご飯ちーっとも食べませんでした(怒)
【2006/11/10 23:20 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
突発4日目
そして4日目。
熱はきれいに下がって、まさしく教科書通り。
でも、食べてなかったせいか、どこかふらふらしているぽよ。
この数日の間に、ぽよのぽっこりお腹はぺったんこに。
あの臨月みたいなお腹を見る度に、もうちょっとなんとかならんかなぁ、と思っていたのに、いざ引っ込んだぽよのお腹を見た時には、悲しくて泣きたくなるんだから親って我がまま。

そして、出ましたよ、湿疹が。
顔の回りと、お腹、背中。赤くてあせもみたいのがざーーーっと。

だいぶ元気になったとはいえ、気持ち悪さは増したのか、ぐずぐずっぷりがひどくなったぽよ。
さくらの化粧水のボトルで遊びたがり、渡さないと床に座り込んでいつまでもぎゃーぎゃー泣いてるし。
昼寝させようとしても寝ないし、少しのことでぎゃーぎゃー言われるし、でいい加減さくらもいらいら。
夜はいつも通り、1時間おきくらいに泣いて起こしてくれる。
どうも自分で布団をはいでおいて、寒がって泣いてるらしい。布団をかけてほしそうな仕草をするけれど、その布団はぽよの身体の下だったりする。
【2006/11/09 23:14 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
突発3日目
ぽよが病気だけれど、さくらにもお仕事はあるわけで。
というわけで、今日はぱぱにぽよを任せて出勤。
もともと、今日は保育所の予約がとれていなくてぱぱが休みをとってくれていたから大助かり。

まあ、ぽよはほぼ一日中ぐずぐず泣きっぱなしで大変だったみたいだけれど。

ぱぱ。お疲れさま。
【2006/11/08 23:12 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
突発2日目
相変わらずお熱のぽよ。
相変わらず、夜中は1時間おきに泣いて起こしてくれるぽよ。
さすがに疲れたみたいで、午前中はほとんど寝てた。

午後から起き出して来て、機嫌は悪くなく、ボールを投げて遊ぶぽよ。
でも食欲はないみたいで、ご飯はほとんど食べない。なのに、さくらの食べているおやつは欲しがる。
リンゴなんかは食べやすいみたいだけど、やっぱり時間をかけてもしゃもしゃ。食べられないなら遺せばいいのに、手を話さないあたりは食い意地も健在。

そんなぽよだったけれど、おやつの時間に大事件が!

なんと! ぽよが! バナナを残した………!!!!

昨日でさえ、バナナだけはぱくぱく食べていたのに。
この非常事態(!)を受けて、出動したのはハーゲン○ッツ。
あいにく、ラムレーズンしかなかったのだけど、レーズンを避けて食べさせたら、まあ、欲しがる欲しがる。
まあ、仕方ないよね、何も食べないよりはましだよね、と言い訳しつつ、アイスクリームをぽよのお口へ。
でも、アイス食べさせて何よりよかったのは、その後にぽよがごくごくお水を飲んだこと。
熱出してからは、あまりお水も飲まずにいたから心配だったのだけれど。

それで調子を取り戻したか、今日の晩は白ごはんと水餃子をぺろりとたいらげたぽよでした。
【2006/11/07 23:06 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
突発!
昨日、じいじとばあばが帰ってから、夜、ぽよがいきなり熱を出した。
それも38度過ぎまで。しかも、みるみるうちにあがっていって、最高で39度5分を記録。

当然、寝苦しいぽよはぐずぐずぐずぐず泣きまくり。
仕方がないので、リビングの方に連れて来てみたら、ぽよ、ぐずぐず言いながら靴下をはき始め、次に頭をぽんぽん叩いて「ここ!」と帽子を要求しながら、ぱぱのバッグに手を伸ばす。
そう、ぽよは「お外に行く」と言ってるのだ。外は真っ暗なのに!
カーテン開けてみせても納得せず、泣き続けるぽよ。さくらが慰めようとしても嫌がって暴れ、ぱぱをひたすら要求。

夜中じゅう、ずっとこんな感じ。少し寝たと思っても、また泣いておき出し、ぱぱに抱っこを要求して、さくらが手を出すと嫌がる。
それでも、隣でぽよが苦しそうな息をしていると目が覚めてしまうんだから、母親ってはどうしようもないね。自分が抱いても嫌がられるだけなのに。

そして今朝、小児科を受診。入り口で受付しただけで逃げ出そうとするぽよ。それを捕まえて小児科窓口へ。またぐずぐず言い出しそうになったところへ、看護婦さんが「お熱はかって下さいねぇ」と体温計をくれた。するとぽよ、ぴたっと泣き止んで「はいっ」とそれを受け取る(実はぽよ、体温計は大好き)。
そして、問題の診察室。
聴診器あてられて大泣きのぽよ。口の中見られて大暴れのぽよ。寝台に寝かせたら「でた!」と叫び、お腹触られて大激怒。でも、終わってさくらが抱き上げたら、ぴたりと泣き止んでくったり。
「あら、止まったね」とドクターも笑う(いつもずーっと大号泣だからね)。
さすがに熱がある時には泣くのも疲れるということみたい(苦笑)

結局、確定診断はつかなかったけれど、多分突発ということで、解熱剤だけもらって帰る。
しかし、この期に及んで突発にかかるとは……。もうかからないと思っていただけにちょっとびっくり。
【2006/11/06 22:58 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
田舎のじいじとばあば
今日ははるばる田舎から義父母がぽよに会いに来てくれた。
ぱぱと駅までお迎えに行ったぽよ、最初はすっごく変な顔をしてたらしいんだけど、すぐに思い出したのか、じいじと手をつないでうれしそうだったらしい。
じいじはじいじで、「覚えててくれた!」と大感激だったとか。

すっかり我が物顔のぽよ、じじばばと部屋の中で遊んで、さらに2度も公園に連れて行ってもらっておおはしゃぎ。
いやぁ、ぽよの相手をしてもらうと本当に助かるなぁと、さくらがしていたのは昼ご飯の準備だけ。

1時間程度のお昼ねをはさんで、みっちり遊んでもらったぽよ、とっても満足そう。
義父母もとっても満足そうで、夕方、帰って行きました。
以前、父と弟夫婦が来た時、お客さんが帰る段になって大泣きしたぽよだったけれど、今日はにっこりわらってばいばい。
じいじ、ばあば、また来てね。
【2006/11/05 22:54 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
新しい帽子
ぽよのトレードマークだった、デニムのカウボーイハット。
なぜかいっつも横向きにかぶっていたカウボーイハット。
とってもぽよとさくらのお気に入りだったのだけれど、どうも最近小さくなってきた気がする。

という訳で、おニューの帽子を購入。基本的に帽子の似合わないぽよ、ハマる帽子を探すのに時間がかかるのだけれど……。
結局、決まったのがベージュのキャスケット。かなり可愛くてさくらは一目で気に入ったのだけれど、ぽよは前のがいいらしい。
というよりも、自分の帽子はカウボーイハットだと認識してるらしい。
お外へ行こうかと言えば、頭をぽんぽん叩いて「ここぉ!」カウボーイハットを指差して譲らない。
考えてみれば、初めて自分からかぶるようになった帽子だもんね。
【2006/11/04 23:30 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
NOと言えるぽよ
最近、翻訳こんにゃくがどんどん進化してるらしいぽよ、ついにNOを言えるようになった。

ぽよは気に入らないことがあると、帽子を放り投げて怒るのだけれど、
「ぽよ、帽子投げちゃうなんていらないの!?」
と怒ると、首をふるふるふると横にふる。
帽子ほっといて行こうとすると、情けなく泣く。
ぽよなりに、帽子は大切らしい。
でも、気に入らないことがあると投げちゃう。

ちなみに、ぽよのお友達に聞いてみると、みんな怒ったら帽子を投げるんだそうな。
ちびちゃんの共通語なのかな。
【2006/11/02 21:00 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一才半健診!
いつも思うのですが。
どうして自治体の集団健診は午後1なのでしょうか。お昼ねタイムをスマッシュヒット……。
朝から寝かせようとしても、失敗。
昼前に寝たぽよは、当然昼過ぎになってもねんね。
それを起こして昼食食べさせて、連れて行く。
中途半端な時間に着いたものだから、待ち時間が長くて長くて、なんと1時間近く!
その間にぽよってばうんちゃんしちゃうし……。
しかもオムツ換え用の部屋が、フッ素塗布室になってる!
保健士さんに事情を話して、まだ空いてた部屋を使わせてもらい、オムツ換え。その部屋にあった洗面台の前で動かないぽよを放置して、うんちゃんをトイレに捨てに行く。
当然、おいてかれたと思ったぽよ、大号泣。歯科衛生士さんに連れて来てもらう(ゴメンナサイ)

そして長い待ち時間の末、まずはお話を聞いて、それから歯科検診。
これの待ち時間も長かった。ぽよってば点字ブロックに興味津々で、ブロック触ったり、あちこちうろついたり。
そして、歯科検診では大号泣。
歯並びが気になってたんだけど、今はとにかく丁寧にみがくしかないらしい。それよりも唇小帯でひっかかったぽよ。このままだと切ることも考えなきゃいけないらしい。

次いで計測。
歯科検診が長い分、計測の方はがらがらで。ぽよ、ご機嫌のストリップ。
そして、ぽよの機嫌が良いうちに、すかさず身長体重を計ってもらう。身長、78.2センチ、体重、9.1キロ。なんと発達曲線の中に入ったよ! そして身長と体重のバランスもよくなり、ぽよ、チビデブ卒業!

そしてやってきました、診察。
まずは保健士さんからドキンちゃんの人形を渡され、興味津々で受け取るぽよ。
でも、次にドクターの顔を見た瞬間、号泣。終わると、さっさと人形を突き返すそっけないぽよ。

あとは、個別のお話を聞いて、最後に歯磨き指導とフッ素塗布。
ここでもぽよ、号泣。
やっと終わった……と思ったら、ここでオムツを換えたことを思い出したらしいぽよ、オムツ台を指差して「出た!出た!」と連呼。
それをずりずりと引きずって外のオムツ台で換えましたとさ。
おつかれさん、ぽよ。
【2006/11/01 20:46 】
| コドモの話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。